So-net無料ブログ作成
検索選択

シルバーアクセサリー

王様のブランチ 王様のブランチが恋した本やジャンプ流 [王様のブランチ]

王様のブランチは今日の放送で1000回目なんだそうです。


1000回って、


仮に年50回放送してるとして

1000÷50=20



え~!20年!!

そんなにやってたんですね。



歳取るわけだ^^;





そして

それを記念したのか


TBSさん


「王様のブランチが恋した本」

という本を作ったらしい。



ほう






ほうほう







これ、いいですね~。

谷原章介さんが推薦する5冊とか
ブックコーナーの歴代コメンテイターや
有名人気作家さんがイチオシ!してる本が

あんな時こんな時と
気分や自分の置かれた状況によって
分類されているので

どんな本読んだらいいかなあと思ってる人はもちろん
読みたい本がありすぎてどれから読んでいいかわからない
とか

現在の悩みや興味に合わせて本を探せる

読書好きに寄り添う本読みガイド的な存在です。


これはすぐれものではないでしょうか。


『王様のブランチ』が恋した本




真人先生、今回の特別企画で集英社行って
文芸書やファッション雑誌やマンガの担当者さんたちと話してましたけど

集英社といえば少年ジャンプ。

その少年ジャンプが来年1月から
ジャンプ流というDVD付の雑誌を販売するそうです。

それにはあのドラゴンボールの作者の
鳥山明さんが実際に悟空の絵を描いてる筆使いなどが収録されてるんです。

ファンならたまらないですねえ。

でもそれ

このもうすでに発刊されてるのとどこが違うんだろう。
↓ ↓
ジャンプ流


あれ、静岡版って?


知ってる人は知ってるんでしょうね。

誰か教えてくれないかな^^;




 





nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:

シノダ課長はシノダ部長になられてました [本]

見つからないはずだったんです。

だって

シノダ課長さん、部長に昇進されてましたから。



思えば初回のサラメシは随分と前の何年も前の話。
昨日NHKで放送されたサラメシは今年収録したわけで
出世もされてるわけですよ。

ということでブログ見つけましたので
シェアしておきますね。
↓  ↓  ↓
食いしん坊サラリーマン シノダ部長の絵日記


アメブロでしたよ。

ちなみに本はこれです。
↓  ↓  ↓

シノダ課長のごはん絵日記 (一般書)


私、早速買っちゃいました。むふふ。


 
nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:

シノダ課長のごはん絵日記 サラメシ [本]

いつもは月曜の夜に放送してるNHKのサラメシなんですが

今日は祝日だからかあさイチの時間にやってましたよ。


その中で気になったのが

「シノダ課長のごはん絵日記」

B4版のノートに水性のサインペンを使って
自分が食べたものを丹念に絵にしてコメントが書かれてます。

その話が3年前にNHKのサラメシで紹介されたことをきっかけに
出版されるは新聞コラムに執筆依頼されるはで一気にブレイク

当時は仕事から帰って晩ごはんを食べる時は
奥さんも娘さん2人もさっといなくなって一人寂しく食べててのが
今じゃなんだか仲睦まじくていい感じ^^;

そして今じゃブログも書いてるって言うから探してみたんですけど
一向に見つからない。

「シノダ課長のごはん絵日記」を話題にしてるブログはいっぱいあったけどね^^;

というわけで

本の方を買うことにしました。

これです。
↓  ↓

シノダ課長のごはん絵日記 (一般書)


気になるんですよ水性のサインペンを使って描いてるというそのタッチが。

そこかい!

ッて感じですけど

人それぞれ本の読み方があっていいんじゃない
ということで^^

面白かったのは
篠田さんが食べたものを絵にしたい想像力をかきててられるのは
美味しいものを食べた時だけじゃなくて
まずいものを食べた時もそうなんだってことです。

いかにまずく描くか
これが意外と難しいそうなんです^^

今までで一番まずかったのが
頼んでから30分待って出てきたざるそばだかもりそばなんだそうですけど
それが本当にまずそうに描かれてました。

それを本で確かめたいんだな。

こんな本の読み方も
面白いでしょ^^



 
nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:

王様のブランチ スピンクの壺 町田康 [王様のブランチ]

今日の王様のブランチのブックコーナー
ブットピは

「大人の塗絵」を特集してました。

塗り絵って、ハマっちゃうんですよね。
気が付くと結構時間が立ったりしてて
そんなことで私ってこんなに集中力あったんだと気付かされたり^^;

塗り絵に集中することで

大人の塗絵といえば
ジョハンナ・バスフォードさんの「秘密の花園」が火付け役で人気です。

こちら
↓ ↓

ひみつの花園 花いっぱいのぬりえブック


今大人の塗絵は点つなぎといっしょになったのや
パズル塗り絵など色々なタイプが出ててますが
こんなのも有りましたよ。


スター・ウォーズ フォースの覚醒 おとなのぬり絵


スターウォーズ塗り絵
しかもフォースの覚醒版^^


そして今日の特集は


町田康さんの「スピンクの壺」


スピンクの壺

これは町田康さんの愛犬スピンクの目線で書かれたエッセイ集。

スピンクが自分の脳を使って書いていると
町田康さん、言ってましたよ^^

動物目線の表現って
面白いですね。

そしてこのお話の目線は犬なので
人間との絡みが多いわけで
かなり共感できるところが多いと思う。

ギクッとしたりね^^


今日の一文は谷原章介さんが選びました。

「主人・ポチは人間です。」

飼い主は奥さんのビビさん、
主人の町田康さんは前世は犬だったとか^^;




nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:

王様のブランチ 小泉今日子 小泉今日子書評集 [王様のブランチ]

今日の王様のブランチのブックコーナー

久しぶりの読書Loversがあって

ゲストは小泉今日子さんでした。

小泉今日子さんのイチオシは

「テコちゃんの時間 久世光彦との日々」

テコちゃんと呼ばれた久世光彦さんの奥さん
久世朋子さんのエッセイ集です。


テコちゃんの時間-久世光彦との日々

小泉今日子さんの久世光彦さんに対する思い出
女優としてその下手さ加減を思い知らされ
それをきっかけに成長していったこと。

演技だけでなく本のことや他にも
色々なことを教えてもらった
いわば師匠のような存在なんですね。

女優としてある程度実績を積んできた時に

「最近いろんなことがうまくなったみたいだけど
うまいの先にはあまり広がりはないよ」

「もっと揺れてるあなたが好きだ」

みたいなことを
キョンキョンが久世光彦さんにそう言われたんだって。

感情表現が豊かで
多くの人に共感してもらえる
そんな女優さんになれよってことかしらね。

いい言葉をもらって
キョンキョンも素敵な女優、
小泉今日子になっていったってわけね。


そして私が気になった
小泉今日子さんが頼りにしているという作家さん
よしもとばななさんの作品。

キーワードは

何度も苦しみ
何度もカムバックする


それが「キッチン」だったり
スウィート・ヒアアフター」だったりするのです。


キッチン (角川文庫)


スウィート・ヒアアフター



ちょっと離れた時に読めば
必ず戻ってこられる

そういう表現を小泉今日子さんはしてましたけど

辛いことがあったり
心がざわついたりした時に
平常心を取り戻してくれる

というような意味なんでしょうね。

そんなよしもとばななさんの死生観がしっくりくるらしいのです。

実は小泉今日子さんは
読売新聞で書評を書いてるって知ってました?


それが今度「小泉今日子書評集」として
1冊の本にまとめられました。


小泉今日子書評集


あなたも
キョンキョンのみずみずしい感性を
肌で感じてみませんか?^^







nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。